消費者向け情報 / 飲食店向け情報

食品衛生に関する仕事

食品衛生に関する仕事には「食品衛生○○」という名称が多くあります。呼称が似ていますので、整理してみました。

食品衛生責任者

食品衛生責任者/都道府県の資格。許可施設ごとに設置される食品衛生の責任者。営業者の指示に従い食品衛生上の管理運営に当たる。

食品衛生管理者

食品衛生管理者/食品衛生法第48条の規定による国家資格。製造又は加工の過程において特に衛生上の考慮を必要とする食品又は添加物であって、食品衛生法施行令で定めるものの製造又は加工を行う営業者は、その製造又は加工を衛生的に管理させるため、その施設ごとに、専任の食品衛生管理者を置かなければならない。

  • 次の食品・添加物の製造又は加工を行う施設には、食品衛生管理者を置く必要がある(食品衛生法施行令第13条)。
    • 全粉乳(その容量が1,400グラム以下である缶に収められるものに限る)
    • 加糖粉乳
    • 調整粉乳
    • 食肉製品
    • 魚肉ハム
    • 魚肉ソーセージ
    • 放射線照射食品
    • 食用油脂(脱色又は脱臭の過程を経て製造されるものに限る)
    • マーガリン
    • ショートニング
    • 添加物(食品衛生法第11条第1項の規定により規格が定められたものに限る)

食品衛生管理者は、次のいずれかに該当する者でなければならない。
食品衛生法第48条第6項

  1. (1)医師、歯科医師、薬剤師、獣医師
  2. (2)学校教育法に基づく大学、旧大学令に基づく大学又は旧専門学校令に基づく専門学校において医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学の課程を修めて卒業した者(関連通知
  3. (3)都道府県知事の登録を受けた食品衛生管理者の養成施設において所定の課程を修了した者
  4. (4)学校教育法に基づく高等学校若しくは中等教育学校若しくは旧中等学校令に基づく中等学校を卒業した者又は厚生労働省令の定めるところによりこれらの者と同等以上の学力があると認められる者で、食品衛生管理者を置かなければならない製造業又は加工業において食品又は添加物の製造又は加工の衛生管理の業務に3年以上従事し、かつ、都道府県知事の登録を受けた講習会の課程を修了した者

※(4)により食品衛生管理者となるための要件を満たした者については、衛生管理の業務に3年以上従事した製造業又は加工業と同種の業種の施設においてのみ食品衛生管理者となることができる。

食品衛生監視員

食品衛生監視員/全国の主要な海・空港の検疫所において、輸入食品の安全監視及び指導(輸入食品監視業務)、輸入食品等に係る微生物検査と理化学検査(検査業務)、検疫感染症の国内への侵入防止(検疫衛生業務)の業務に従事する。国家公務員ないし地方公務員

食品衛生推進員

食品衛生推進員/食品衛生指導員等の中から社会的信望があり、かつ、食品衛生の向上に熱意と識見がある人に、地方自治体が委嘱。飲食店営業等の衛生管理など、食品衛生に関する事項について、保健所と協力し営業者等からの相談に応じたり、助言などを行い、食品衛生の向上のために活動。食品衛生自治指導員に対する助言・指導を行う。(食品衛生法第61条)

食品衛生指導員

食品衛生指導員/日本食品衛生協会が行う食品衛生指導員養成の課程を修了した者、または日本食品衛生協会会長が承認した各支部の食品衛生指導員養成の課程を修了した者。各支部長は、前記養成教育の修了者のうちで、各支部の属する地方自治体の衛生主管部局長と協議の上、適格者と認められる者を食品衛生指導員に委嘱する。 

食品衛生自治指導員

食品衛生自治指導員/食品衛生自治指導員は、一般社団法人東京都食品衛生協会長より委嘱を受け、会員施設の食品衛生向上と自主管理の確立のために活動。同業の施設を巡回指導。

食品衛生コンサルタント

食品衛生コンサルタント/食品産業の実務経験出身者が多い。HACCPコンサルタント、HACCPアドバイザーなどの呼称もあるが団体ごとの呼称であり、公的資格ではなく、実務経験、指導経験などさまざま。

投稿者

info@anemosu.co.jp